遊漁船シーラックの新しいホームページ

遊漁船シーラックのホームページは引っ越しましたので、シーラックともどもよろしくお願いいたします。

シーラックのHP

網の修繕(写真多め、興味が無い人はスルーで。)

こんばんはシノチチです。

先日の事ですが、ふとGoogle先生でシノチチで検索すると、このブログが出るのか気になりまして、やって見たんですよ。

結果はわたくしのAmazonのレビューばかりでして、なら、シノチチ ブログならどうだと思いまして。

そしたら他のシノチチさんが出てきた訳です。

で、名前を少し変えようと思ったのですが、同じ名前の人なんて沢山居るじゃんということに気が付きました。

結果、シノチチのままで行きます。

2年以上使ってるシノチチと言う名前ですので、今さら変えるのもさみしいですからね。

では、今回は休日の午前中、シノチチは何をしているのか、というのをやって見ようと思います。

海が時化ている(荒れている)時、漁師さんは漁に出れません。

お休みになります。

そんな時は皆さん好きな事をしていらっしゃいます、(パチンコとかスロットとか、温泉とか。)しかし、普段使っている網や綱や、船もですが、使っていると、だんだん傷んできます。

そういう物を修繕して、常に使える状態にしておくのも漁師の仕事です。

今回はわたくしの担当している網の破れが目立ってきたので、その修繕のため船に来ました。

小さな破れが大量にあります。

これはその中で1番小さかったやつです。

まずはヒゲと呼んでいる切れ端や、切れかけている所をハサミでカットします。

綺麗になりましたね、続いて3本と呼ばれる、節(ふし、結び目?)から糸が3本出ている所の1つ上から直して行きます。この薬指の所が3本です。このように、1つ上から直し出します。

糸の端を少し長めに残しておいて、次の節で下敷きにします。(うちの船ではコロスと言います。)

こんな感じ。

続いて3本から2本に進んで行きます。ここです。こうなります、基本は3本から出て、2本、2本と進んで行き、最後は3本で終わります。

三枚目の写真ですかね、右上と右下に3本があります、残りの節は全部2本になるようにカットしてあります。

これは基本でして、他にも色々直し方はありますが、このやり方が1番簡単です。

続けます。先ほどの場所から右下へ進み、次は左へ、中指を使って網の目を作ります。こうして、右へ、左へと横移動しながら一段づつ下へ下がっていき、最後は3本で締めます。はい、完成です。ちゃんと網になっています。

右下の3本も、やはり1つ先までいってから止め結び目ます。

今回は目立つように、水色の糸を使いましたが、普段は網と同じ糸で直します。

あと、結び方とか、直し方のコツとかあるんですが、やはり写真では伝えきれませんね。

動画も考えてはいるのですが、まあ、暇があったら、と、いうことで!

この後も、大小さまざまな破れを直して、昼前には帰りました。

で、昼からは焚き火をしようと思っていましたが。

写真が沢山あったので次に回します(笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました