遊漁船シーラックの新しいホームページ

遊漁船シーラックのホームページは引っ越しましたので、シーラックともどもよろしくお願いいたします。

シーラックのHP

魚を食べよう(トビウオ)

ごぶさた!

ずいぶん間があいてしまいました。

今年も夏バテぎみのシノチチです。

定置網の間は定番の魚ばかり食べていたので、あまり紹介する魚もいないのですが、シノチチ魚食って無いんじゃね?って思われそうなのであげときましょう!

定置網が始まると分け前はアジばかりになります。

この時期のアジは油が乗って大変美味なのです。

小アジ2匹でお茶碗一杯は軽く食べちゃいます。

しかし!毎日アジだと、煮る、焼く、刺身、フライ、ムニエル、南蛮漬け、なめろう、シノチチのレパートリーはこんな物ですので、すぐに飽きてしまいます。

たまには違った魚も食べたかったので、トビウオをもらって帰りました。

この辺りで獲れるトビウオは2種類ありまして、すり身の原料になる小さくて丸顔の丸トビ(小メ)と、主に鮮魚で出荷される丸トビより大きめの角トビ(大メ)があります

こちらは角トビです。

体つきが角ばってる気がするでしょ?

以前、丸トビを持ち帰り塩焼きにしたのですが、割り箸を囓っているような食感で、あまり美味しくなかったので、今回は角トビを焼いてみました。

見た目は悪く無いですね。

食べ残しを見せるような真似をして申し訳ないのですが、トビウオの骨は硬かったです。

シノチチはサンマは頭から、アジは尻尾から食べます、理由はアジの頭には貝殻のようなガリガリした骨があるからです。

サンマには硬い骨は無いですからね、丸かじりします。

角トビの感想ですが、丸トビと比べればずいぶん食べやすい気がします、しかしアジのが旨いですね。

夏場のアジに勝てる奴はいないのかもしれませんね。

オマケの鯖の煮付けとマグロ漬け丼。

今年もマグロがとれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました